yoshida
連絡先:
226-8503 
横浜市緑区長津田町4259-R2-42
TEL:045-924-5011
E-mail:yoshida(at)pi.titech.ac.jp
併任:総合理工学研究科
メカノマイクロ工学専攻
先端メカトロニクス講座 教授
講義:
・常微分方程式(機械系)
・応用流体力学(分担)(機械系)
・機械システム学(分担)(機械系)
・メカノシステムデザイン(分担)
  (エンジニアリングデザインコース)
・先端アクチュエータ(分担)(機械コース)
・マイクロ・ナノシステム(分担)(機械コース)

研究の目的および意義

微小領域で作業可能な液圧駆動形マイクロマシンなどの高機能化制御システムの実現を目指し,機能性流体を応用したマイクロアクチュエータなどの高機能要素の開発および統合,集積化を進めている.
(最近の研究課題)
・機能性流体(ERF,MRFなど)を応用したニューアクチュエータ
・流体の慣性効果を応用した高出力圧電マイクロポンプ
・流体パワーを用いた管内作業マイクロマシン

社会活動

受賞歴

  • 財団法人精密測定技術振興財団「高城賞」,「マイクロメカニズムに関する研究」,1994
  • 財団法人油空圧機器技術振興財団「学術論文顕彰」,「形状記憶合金アレイアクチュエータを用いた小形比例弁(日本機械学会論文集(B編))」,1997
  • 財団法人油空圧機器技術振興財団「学術論文顕彰」,「管路慣性を応用したマイクロポンプの最適構造(日本機械学会論文集(C編))」,2005
  • 日本AEM学会著作賞,「アクチュエータ工学(養賢堂)」,2006
  • Best Paper Award (11th Int. Conf. on Mechatronics Technology (ICMT2007)), “ECF Micromotor Using MEMS Technology”, 2007
  • 社団法人日本機械学会機素潤滑設計部門業績賞,2010
  • 社団法人日本機械学会機素潤滑設計部門一般表彰(優秀講演),「ポンプ・バルブ一体形ERマイクロアクチュエータの開発」,2010
  • 社団法人日本機械学会機素潤滑設計部門一般表彰(優秀講演),「A Study on Micro Flow Generator Using AC Electroosmosis」,2012

Site MENU

Yoshida-Kim Laboratory